フラクセルレーザー


レーザー治療の機械のなかでも、フラクセルレーザーは様々な肌トラブルに対応しているため、エイジングケアにはとても効果的です。ここではフラクセルレーザー治療についてより詳しくご説明しましょう。

フラクセルレーザーは、これまでのレーザー機器のように肌トラブルを改善するのではなく、肌を入れ替えるという画期的な機械なのです。レーザーを照射することで、肌に目には見えないほどの穴を開けていきます。そうすることでダメージを受けた古い肌から、若々しい新たな肌に入れ替えを行っていきます。全く新しい肌に入れ替えてしまうため、しわ・しみ・くすみ・たるみ・傷跡・やけど跡・にきび跡・毛穴・色素沈着といったありとあらゆる肌のお悩みをこのレーザー一台で解決してしまうのです。

フラクセルレーザーの流れを例に挙げると、まずはカウンセリングで医師が肌を診察し、肌に適した照射を決めてくれます。メイクは落とし、レーザー照射の熱により多少の痛みが出てしまうため、照射する部分には肌に麻酔を塗っていきます。麻酔が効いた後、フラクセルレーザーを当てていきます。一回で肌が5~15%ほど入れ替えられます。照射後は赤みと熱を冷ますため肌を冷やしています。これにより肌のひりつきも和らげます。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.